top of page

データ連携ができない理由

Eメールは氏名の下にテーマがある。では特定のテーマを全メールから集めるにはどうしたら良いのか。メールでは意見を集約できない。

ファイルはファイル名が意味を持つ場合や持たない場合もある。これでも同じような内容のファイルを検索できない。

データベースになると、細かい項目単位にデータを保存する。しかし、その上位の分類をどのようにするかは全くの自由である。これでは複数のデータベースは結合ができない。

つまり、思いつきのままで自由にデータを保存したり、やりとりして下さいというソリューションばかりである。

全体の分類をどうすべきか、データの粒度を、どのように整えるべきかとの検討がされずにソリューションが作られたからである。

この2つを曖昧にして、情報システムが人の仕事の生産性向上になるとは言えない。AIを活かすに於いても、意味のあるデータを準備しなくてはならない。

もし、今のままの雑然としたデータ群を対象に何の取捨選択もなくAIの処理のかけたならば、その結果を人は説明も推察もできないおかしなことを答えてくるであろう。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Eメールのセキュリティ対策は限界。メールも不要に。

Eメールは広く社会に浸透した。便利であるが、この方法が知識の記録方式には大きな問題を与えている。 伝達することだけの機能が問題である。伝達だけを目的として使っている便利さに影でどのような問題があるか考えてみたい。 仕事で用いる場合、相手に正しく理解して貰う為に、結構な長文となリ、伝達したいことに比べ時間が無駄となる。 メールに自分の考えや相手の考えなどを伝達し合う事ができても、考え方の整理はメール

製造業DXは人材育成から必要だ

かねてから思っていた問題を解決するために、IT人材の育成に関係することとしました。 近年のDX関係、特に製造業向けの宣伝、オンラインセミナーなどを拝聴して思うことは、目的がすこし不明確であるお話が気になっていました。 なぜ、そのDXを行う必要があるのですかという問いに残念ながら答えられないように思うのです。 特に製造業となると、自動車、建築、航空機、建設機械などは製品一個あたりの部品点数も非常に多

Comments


bottom of page