top of page

製造業DXは人材育成から必要だ

かねてから思っていた問題を解決するために、IT人材の育成に関係することとしました。 近年のDX関係、特に製造業向けの宣伝、オンラインセミナーなどを拝聴して思うことは、目的がすこし不明確であるお話が気になっていました。 なぜ、そのDXを行う必要があるのですかという問いに残念ながら答えられないように思うのです。 特に製造業となると、自動車、建築、航空機、建設機械などは製品一個あたりの部品点数も非常に多く、そのために、生産工程も深く、多岐に分岐しています。 このような製品のものづくりには開発から生産までの一貫した思想というものが必要になります。 一貫した思想とは何か?この問いに答えることができなければ、良いDXシステムは構築できないのではないでしょうか? 思想とはものづくり生産方式における企業の一貫した理念になります。このものづくり生産方式を理解できていなければ、複雑な製造業の業務に答えることができないだろうと思います もう一つ問題だと考えていることは、エンジニアリングを理解していますか?ということです。3DCAD=エンジンニアリングではもちろん違います。 生産スケジュールもエンジニアリングになっていません。部品調達における質と量とタイミングはどうあるべきかの理屈はどのように考えていますか? エンジニアリングのQCDに関するトレードオフをどのように合理的に決定することができていますか? 現在の製造業は多くの未解決問題を抱えてきています。来ているということは、過去から乗り越えることのできなかった課題が沢山あるということです。 ベテランのエンジニアのノウハウで行われている業務もたくさんあります。しかしながら、その問題を解決できるソリューションを提案していただいていますか? ものづくり日本であるから、ものづくりのシステムは日本にしか設計できないと思っています。 そのものづくり企業へDX提案するならば、それなりの経験と知識をもって語らなければ信頼されないのではないでしょうか? ものづくり企業の企業人は解決しなければいけないことをいっぱい頭に留めています。そのいっぱいあることをできるだけ、大きな網をかけて一度に解決して欲しいのです。 そこで、製造業DXカレッジという講座を立ち上げることにいたしました。これまでのノウハウをぎっしりと詰め込んで、誰も説明することがなかった製造業のエンジニアリング課題について解き明かし説明したいと思っています。 カジュアルに参加できるNext製造システムセミナーもオンラインで開催中です。 ぜひ、こちらをご覧ください。皆さんのご参加をお待ちしております。

Sassy Social Share

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Eメールのセキュリティ対策は限界。メールも不要に。

Eメールは広く社会に浸透した。便利であるが、この方法が知識の記録方式には大きな問題を与えている。 伝達することだけの機能が問題である。伝達だけを目的として使っている便利さに影でどのような問題があるか考えてみたい。 仕事で用いる場合、相手に正しく理解して貰う為に、結構な長文となリ、伝達したいことに比べ時間が無駄となる。 メールに自分の考えや相手の考えなどを伝達し合う事ができても、考え方の整理はメール

データ連携ができない理由

Eメールは氏名の下にテーマがある。では特定のテーマを全メールから集めるにはどうしたら良いのか。メールでは意見を集約できない。 ファイルはファイル名が意味を持つ場合や持たない場合もある。これでも同じような内容のファイルを検索できない。 データベースになると、細かい項目単位にデータを保存する。しかし、その上位の分類をどのようにするかは全くの自由である。これでは複数のデータベースは結合ができない。 つま

Comments


bottom of page