top of page

Cormorant Garamond is a classic font with a mod

私たちは日常的に、意識せず、小さな問題を反射的に解決しています。

 その小さな問題が自分自身だけで解決できることも

多くあり、敢えてこの問題を解決しよう。次はこの問題を解決しようと思って行動をしてません。

 

 しかし、生きるためには何らかの職業に就く必要が

​あります。この時、社会との人を介しての接触があり、意見や考え方などの調整が必要となります。

 会社員であれば、上司の指示等により、範囲や方向が限定される仕事になりますが、個人事業主は、範囲も方向も全て自分で決めなければなりません。

 個人事業主で1000万円の所得の人と100万円の低い人もいて幅広い差があります。

 個人事業主の所得は、事業主の保有する個人能力に依存しています。会社員のように組織で仕事を進めるのではないからです。

​ 個人の能力を高めるにはどうすべきでしょうか?

資格を取れば良いだけでしょうか?

資格を持っていても、ビジネスにできなければどうにもならないのはお分かりだと思います。

そして、興味が強くても、

興味があるだけでは仕事にするのは難しい場合もあると思いますが、いろいろな課題・問題を乗り越えて行く

あるいは、いつも不便に感じていることに事業化のヒントがあるものです。また、問題だと思っていることでもヒントになるでしょう。

事業のアイディアの見つけ方、販売するものを決めたり、販売のしかた、価格のつけ方、やり取りのしかた、事務・経理の仕組み、ホームページ、名刺やパンフレット作成、SNSの使い方、確定申告のしかたなどなど、個人事業主として起業して事業をやっていくために必要なステップはたくさんあります。

その中に、必ず問題が生まれてきます。その問題をいかに適切に解決するかが個人事業主の生産性を高めるポイントです。

​販売やサービスの質を一番気にする必要があります。

これは、いわゆるQCD管理です。

​トヨタ自動車、コンサルタントとして製造業で指導してきたQCDの考え方と改善の方法は、個人事業のビジネスにおいても役立ちます。

 少し難しい話になりますが、大きな企業でも、個人事業主でも果たすべき役割は同じです。それを最小限の個人で生業とし、高収益を上げるためには、企業よりも更に生産性を向上することです。

企業に属していると、研修を受けたり、会社の仕事から多くのノウハウを学べます。コミュニケーションもしっかり身につくでしょう。

 その反面、個人事業主は企業に属していないため、自分の仕事の範囲外のことは学べません。そうなってくると、自己成長がとまり、仕事の依頼も減ってくる可能性があります。

 仕事の依頼が減ってくると、個人事業主は生活が成り立ちません。そうならないように、自分自身で様々な職種の知識やノウハウを学んでいく必要があります。

 個人事業主やこれから個人事業主を目指す人は、常に様々な職種の知識を経験を学び続けるのを意識するようにしたいところです。

​そこで今回、あの超一流企業であるトヨタ自動車が60年以上、新入社員教育に導入しているトヨタ式の問題解決法を伝授します。

​ この方法を更に、わかりやすく、かつ実践的に行うことで、トヨタ自動車の教育カリキュラムをオンラインで学ぶことをみなさんにご提供します。

ern twist. It's easy to read on screens of every shape and size, and perfect for long blocks of text.

bottom of page